家族と同じペットのために供養や火葬をしてあげましょう

Funeral

火葬

ペット火葬はどのような形式がトレンドになっているか

ペット火葬は、近頃では他のペットたちと一緒に火葬するよりも、可愛がっていた自分のペット1頭だけを焼いてもらって遺骨を持って帰るという飼い主さんが増えています。立ち会い火葬の場合は、愛するペットの亡骸と充分に過ごしてから火葬し、お骨も家族みんなで拾ったりします。 お骨を全部骨壷に入れてしまったら、それを持って自宅に帰ることもできます。また、ペット火葬をしたところに納骨堂があれば、そこに置いてもらったり、お墓に埋葬したりする場合もあります。 どちらにしろ、近頃では可愛がっていたペットが亡くなれば、まるで人間が亡くなった場合のように悲しみながら大切に取り扱うのがトレンドとなっています。ペット火葬をする家が増えているのも、その現象を表しています。

愛するペットの亡骸を火葬してもらうためには

ペット火葬を行いたいなら、まずはインターネットでよい業者がないかを探しましょう。そして、ペット火葬を行っている業者さんに電話をして火葬を依頼することが多いです。多くの場合、合同か個別かという種類がありますので、どちらを希望したいかを業者さんに伝えます。 業者さんと、あなたの愛するペットの亡骸をいつ火葬するかを相談します。業者さんがペットの遺体を取りに来るまでは、しっかりとお別れをするようにしましょう。もし、1日中一緒にペットの亡骸といたければ、亡くなった翌日に遺体を取りに来てもらうこともできます。また、亡くなったのが真夏であれば、氷やドライアイスを使って遺体を安置しましょう。それに、生前の写真などを用意しておくのもいいのです。