家族と同じペットのために供養や火葬をしてあげましょう

Funeral

家族の一員

ペット供養の際に気を付けたい点

核家族化が進み、高齢者世帯や単身世帯が急激に増加してきているとされています。世帯人数が減少する一方で、犬や猫などのペットの飼育数は増加傾向にあるといわれています。現在では、ペットは大切な家族の一員としての役割を果たしています。そのため、死んでしまった後のペット供養にも高い関心が寄せられるようになりました。 ペット供養の形として、ペット霊園を利用したり、ペンダントなどで手元供養を行う人が多くみられます。また、自宅の庭に埋葬するケースも比較的多いようです。庭に埋葬する際、法的な規制は設けられていませんが、注意したい点もあります。 犬や猫など、ある程度の大きさのあるペットの場合、骨が土に返るまでに時間がかかります。そのため、焼却後に骨をパウダー状にしてから埋葬する方がよいでしょう。

手元供養のいろいろな形

マンションなどに住んでいて埋葬場所がなく、ペット霊園を利用するのは金額的に負担が重いと考える方が多いものです。そんなときに便利なのが、手元でペット供養ができるお墓です。 卓上サイズの墓石の中に、骨壺がセットされており、簡単に遺骨を納めることができます。墓石の表側には、ペットの写真を添えたり、名前を刻むことができるものもあります。ペット供養のためにお墓まで出かけておく必要がなく、いつでもお参りすることができます。 その他にも、ペット用のメモリアルグッズは豊富に販売されています。ペットの毛をアクセサリーに入れられるストラップやペンダント、遺骨をガラスのビーズの中に納めることができるチョーカー等があります。