家族と同じペットのために供養や火葬をしてあげましょう

Funeral

方法もさまざま

飼い主のニーズに合わせたサービスが充実

ペットも大切な家族の一員という認識が浸透した昨今。ペットの供養の方法もさまざまです。ペットの供養には決まりがありません。それまでともに暮らしてきたペットとの別れを飼い主が納得する方法で迎えましょう。 一般的に動物が亡くなったらペット火葬業者か自治体に連絡をして火葬をしてもらいます。ひと昔前までは比較的小型の動物は家の庭に埋葬したり自治体に火葬を依頼するケースも目立ちましたが、最近では多くの飼い主がペット火葬業者に依頼するようです。とくに都心部ではその割合が高く、飼い主のニーズに合わせたサービスも充実しています。 ペット火葬にも種類があり、立ち合い個別火葬、一任個別火葬、ほかの動物と一緒に火葬する合同火葬があります。立ち合い個別火葬の料金設定は高めですが、ペットとの思い出を振り返りながらゆっくりとお見送りできるのが特徴です。

どんなお別れをしたいのかじっくり考えて

動物の場合は火葬後のお骨を連れて帰ることができるので、自宅で保管・供養するケースも。霊園に納骨して供養する場合、ペット火葬を依頼した霊園にそのままお願いすることが多いようです。霊園では定期的に合同供養祭が行われ、お坊さんにお経を読んでもらうことができます。 最近では霊園に納骨し、一部のお骨を自宅に連れて帰る方法も支持されています。ペットのお骨を入れられるペンダントや自宅用の小さな骨壺など、関連商品も多く販売されニーズの高さがうかがえます。 最近ではペット火葬の比較サイトも増えてきました。サイトを利用することでペット火葬業者が簡単に比較でき、飼い主が望むプランをかなえてくれる業者も見つかりやすくなります。 大切なペットとの別れに戸惑うことも多いでしょが、そんなときこそ不安に思うことは問い合わせましょう。ペットの供養にかける時間は、飼い主の心を整理する時間でもあるのですから。